家具工房レーベンより近況をおたよりします



<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
椅子
c0123366_16465840.jpg

c0123366_16465986.jpg

家具を制作する者にとって、椅子は魅力のある特別な家具です。しかし、座り心地良く、華奢なわりに体重を支えるだけの強度を持ち、どこから見ても美しい椅子にはなかなかたどりつくことが出来ません。

椅子を作るには、多くの時間と忍耐が必要です。その時間の多くを、現寸のモックアップ(試作椅子)に何度も何度も座って、調整し直すことに費します。その後、寸法や仕ロを決め、やっと制作が始まります。

私のような小さな家具屋が、仕事として新しい椅子を作らせていただく時は、オーバーなようですが覚悟のようなものが要ります…。椅子を作り終えた直後はいつも、椅子には手を出したくない、と思ってしまうくらいです。でも数年後にはまた作ってたりしますが…。

今回は、背を低めに、座る巾をゆったり取ってみました。強度で一番大切な後脚と側台輪の仕ロは、隅木は使わず大丈夫な仕ロにしてあります。

以前から、この様なベーシックな椅子を作りたいと思っていました。山桜・ブラックウォールナット・楢の材を選び、座面は無垢材の他にペーパーコードも試してみました。

最近では、市販の椅子を見ただけで、その座り心地がある程度分かるようにもなりましたが、私にとっての椅子とは…とても魅力があるのですが、作るには覚悟の要る、特別な家具のようです。
[PR]
by lebenleben | 2014-01-20 16:47
テレビ台
c0123366_2121362.jpg

木は、久しぶりに使ったアメリカンチェリー(綺麗です)。ご希望により、市販のものより背の高いテレビ台です。椅子に座って見るには丁度良い高さになりました。

お客様と、モックアップ(試作)をもとに、コーナーピッタリに納まる様に、間ロ、奥行、高さ、板厚、デザイン、機能等を決めて行きました。勿論、全て無垢材。

天板と棚板の見付けは柔らかさを出す為に大きなR、面は蛇腹面。多くの配線が直接見えない様な工夫(移動出来る配線を出す穴・棚の後に配線用の空間、本核の裏板)もしてあります。

以前には、テーブルや椅子も制作をさせていただいていて…とっても素敵なご夫妻。お二人にお会いする度に、私は何時も元気をいただいて帰って来るのです。
[PR]
by lebenleben | 2014-01-15 21:21
イタヤ楓の鏡
c0123366_2375554.jpg

c0123366_2375531.jpg

素朴な300角の壁掛け用の鏡です。お客様のご要望で、鍵などの小物掛けフックを3つ付けました。裏側の壁掛けの部分も木で作ってみました。
[PR]
by lebenleben | 2014-01-12 23:07